本文へスキップ

幼稚園教諭免許状取得できる幼保特例制度/幼保特例プログラム講座/通学・通信

保育士試験・年2回

保育士試験・年2回実施します。


都市部を中心に、保育士不足が深刻化しています。

保育士不足を解消するため、2016年度から、保育士の資格試験を年1回から2回に増やすことになりました。(都道府県により異なります)

また、結婚・出産などで退職した有資格者が再就職しやすい環境を作るそうです。


政府は13年度から17年度までの5年間で、新たに40万人分の保育の受け皿を確保し、待機児童の解消を目指しています。


厚生労働省の推計では、17年度末時点で保育サービスを利用する児童に対し、必要な保育士は約46・3万人。現状のままのペースで養成しても、17年度に約6・9万人が不足する見通しです。


少しでも保育士を増やすため、厚労省は、保育士試験を年2回実施する都道府県に対して補助を行うことにしました。
このほか、資格取得を目指す人に講座受講費の一部を補助します。
結婚や出産などで離職した有資格者の再就職支援も強化します。


YAHOOニュースより


おすすめ幼保特例(通信教育)ランキング

下記はサイト運営者であるわたしが、オリジナルで決めたランキングです。

学びやすさ、単位のとりやすさ、人気を参考にオリジナル・ランキングしました。

いちばん人気の幼保特例講座1位 日本福祉大学

一切通学不要、スクーリングなし。

ネット環境が充実しているので、自宅のパソコンやスキマ時間にスマホで勉強ができます。

日本福祉大学の学び方・評判はこちら!


おすすめ幼保特例プログラム

2位 東京未来大学

単位の取得率が85%以上!!

学びやすさにこだわった通信制大学。サポート体制がしっかりしているのもいいね!

東京未来大学の学び方・評判はこちら!


幼稚園教諭免許を取得できる通信制大学

3位 聖徳大学

学費が安い!

スクーリング授業は1.5日出席します。実践的な学びを習得した方はには聖徳はおすすめ!

聖徳大学・聖徳短期大学どちらも幼保特例制度に対応。

聖徳大学の学び方・評判はこちら!


4位 放送大学

全国各地57都市にある学習センターを活用できます。

一部通学する必要があります。

放送大学の学び方・評判はこちら!